俺のアロマ

メンズエステ・メンズアロマ・出張マッサージ情報(非風俗アロマ)

[最新更新日]

俺のアロマ版メンズエステランキング!

俺のアロマ新着店舗情報

全国メンズエステ(出張マッサージ)情報サイト

メンズエステ情報サイト「俺のアロマ」をご覧戴きありがとうございます。俺のアロマは男性も利用できるオイルマッサージやリンパドレナージュの情報、メンズエステ・出張マッサージが呼べるホテル情報などのコンテンツを配信しています。 メンズエステとは女性が利用するアロマエステと同じく、アロマセラピーによるリラクゼーションやアロマオイルによる全身トリートメント、血行改善のためのリンパドレナージュなどで疲れを解消するサービスです。 尚、当サイトでは性的サービスを行なう風俗アロマの情報は取り扱っておりません。(非風俗アロマに限り掲載を行なっています)

エリアから探す

北海道
札幌
中島公園
すすきの
中心区
郊外区
道央
道北
道南
道東
宮城
仙台
中心区
郊外区
仙南
仙北
三陸
東京
恵比寿
東京駅
新宿
池袋
麻布十番
渋谷
品川
赤坂
目黒
六本木
上野
秋葉原
飯田橋
四谷
中野
新橋
東東京
北東京
南東京
西東京
中東京
多摩地区
23区外
京王線
小田原線
田園都市線
中央本線
東横線
千代田線
南北線
銀座線
副都心線
半蔵門線
西武新宿線
大江戸線
三田線
都営新宿線
浅草線
山手線
総武線
中央線
京浜東北線
埼京線
常磐線
丸ノ内線
有楽町線
日比谷線
東西線
神奈川
横浜
横浜郊外
川崎
相模原
県央
横須賀
湘南
西湘
千葉
千葉
東葛
京葉・葛南
北東部
外房
内房
北総
石川
金沢
能登
加賀
愛知
栄・新栄
名駅
丸の内
伏見・納屋橋
金山・鶴舞
大須
千種
堀田・新瑞橋
大曽根
名古屋中心区
名古屋郊外区
名古屋
尾張
西三河
東三河
京都
京都
山城
北部
大阪
新大阪
堺筋本町
キタ
ミナミ
谷九
梅田
難波
日本橋
心斎橋
天王寺
十三
鶴橋
北新地
福島
本町
天満
中心区
郊外区
堺市
北摂
泉北
泉南
北河内
中河内
南河内
岡山
岡山
津山
倉敷
広島
広島
備後
安芸
備北
福岡
博多
中洲
北九州
天神
福岡
久留米
福岡近郊
筑後
筑豊
大分
大分
別府
内陸部
北部
南部
熊本
熊本
県北
県央
県南

メンズアロマとは?

アロマオイルを使ってマッサージを行なってくれる癒しの時間です。男性専用のアロママッサージ店の事をメンズアロマと言います。メンズアロマは元々デリヘルサービスの一環として生まれました(地域によって違いはあります)。回春マッサージという股関節(鼠径部)マッサージをする事で男性の力を増強させるというサービスです。デリヘルですので最後はヌキがありますが、デリヘルと比べて性的サービスの時間や内容がソフトな為、多くの女性が回春マッサージ業界に移籍した事もあり隆盛した歴史があります。その後回春マッサージから性的サービスを除外したお店(非風俗アロマ)が増えていき現在に至ります。

メンズエステとは?

メンズエステといえば「ダンディーハウス」や「TBC」などが有名です。男性が「綺麗になる」事を目的としたお店ですが、ここでいうメンズエステは「メンズアロマ」の発展形と言えます。「美」よりも「癒し・マッサージ」が主な目的です。では歴史を紐解いていきましょう。[1]アロマオイルを使わないメンズアロマ店が増えてきました。[2]アロマを使わないのにメンズアロマっておかしいよね?[3]アロマに変わる言葉は・・・エステでいいじゃん![4]メンズエステ誕生。全てがこうではありませんが、こんな流れがありメンズエステという名が隆盛しました。アロマを使わないマッサージとは何かというと、「粉(パウダー)」や「泡(ホイップ)」など「あはき法」に抵触しない範囲でマッサージ種類は色々とあります。

出張マッサージとは?

歴史が古い言葉です。おばちゃんがビジネスホテル(自宅)に来てくれる硬派なマッサージです。自宅のポストやビジネスホテル前にチラシが貼ってあったりしましたね。しかし出張マッサージ業界にもメンズエステの勢いが襲い掛かります。若くて可愛い女性や熟れたセクシーな女性が施術を行なうお店が数多く存在します。ルームや店舗と兼用して出張メンズエステを行なうお店や、デリヘルから出張マッサージに鞍替えしたお店なども存在します。その為、マッサージの上手さに差が激しくありますのでお店選びには注意が必要です。

非風俗とは?

前項にも書いていますがメンズエステ・メンズアロマの歴史はデリヘル、回春マッサージからの発展が多く存在しますので風俗店との境目が客には解りにくい面があります。サイトには「当サロンは風俗店ではありません」といった注意文が掲載されています。非風俗メンズエステ、非風俗アロマは「性的サービスがないお店」の事を指します。境目が解りにくい理由はもう一つあります、それは共通して「女性の魅力を売りにしている」ところです。メンズエステのホームページを見ると胸元があいたセクシーな衣装を着た女性が、顔を隠した写真を掲載している事が多々あります。パっと見では風俗店と勘違いしても不思議ではありません。

メンズエステは何色?

女性の魅力を売りにしている事から、メンズエステをグレーなモノと見ている人も多いです。真面目に営業を行なっているお店やセラピストには大迷惑な話しですが、そこに淡い期待を持ってしまう男の性も解らなくはありません。しかし、「俺のアロマ」に掲載されているお店は全て真面目に営業を行なっているお店です(本掲載時法令遵守の誓約)。「ちょっとのセクシーさは男にとっては癒しの時間である事」、その気持ちでメンズエステを楽しんでくださるようお願い致します。

非風俗と風俗(回春)の見分け方とは?

本サイトに掲載されているお店は全て非風俗エステですのでご安心下さい。他のサイトを見ている時に見分ける方法は3つ。「回春」という言葉出てくるお店は風俗店です。「マンション(ルーム)」営業を行なっているお店は非風俗メンズエステです。風営法はマンションで風俗営業は出来ませんので自然と非風俗となります。テナント営業を行なっているお店で「繁華街・風俗街」に住所があることが稀にあります。そういったお店は注意文などに「当サロンは風俗店ではありません」という文章が掲載されているかどうかで判断できます。

メンズエステの魅力とは?

「全体的にセラピストのルックスが良い」とはメンズエステ愛好家からよく聞く感想です。「少しセクシーな衣装を着てマッサージをする」だけで風俗と大差ない報酬を得られるので、より多くの女性に対して求人効果があるメンズエステには好人材が集まってきます。もう一つの魅力、愛好家の総意ではないですが個人的に関心した言葉、「キャバクラより全然良い」という感想です。メンズエステをキャバクラと比較する考え方です。確かに双方セクシーな衣装を着た魅力的な女性が接客をしてくれます。値段もそんなに変わりありませんし楽しいトークも出来ます。「酒を飲んで体を壊す」か「マッサージを受けて体調を整える」、どちらがいいかは人それぞれですが理屈的にはメンズエステに軍配が上がりそうです。

あはき法とは?

メンズエステの99.999…%は「リラクゼーションマッサージ」という分類に属します。治療目的としたマッサージではありませんし、治療を謡ったマッサージを行なう事は法律上出来ません。その法律が通称「あはき法」と呼ばれるものです。あんま師、はり師、きゅう師の頭文字をとって「あはき」と略されます。あはき師は国家資格ですので学校に通って国家試験に合格し免許交付を受けなければなりません。他には柔道整復師が国家資格となっています。国家資格を持つセラピストがいるお店であれば健康保険が利用できる可能性もありますが、当然メンズエステで健康保険が使える訳はありません(笑)。